活動内容

基本的医療が受けられ、健康を維持できる人々の自立を目指して2014年3月24日 ミャンマー 保健省とMOU(覚え書き)を締結することができた。 
これにより当会(MFCG)単独の活動が現地で行なわれることが可能になった。

[移動クリニック]
2つの柱を掲げています。1つ目は、手洗い等の保健衛生の普及です。
2つ目は、主にマラリア等感染症による病気や下痢症の治療を目的とし、エーヤワデイー地域の村を巡回訪問して診察を行います。
すでに2010年から、他の団体と連帯して短期の現地活動を実施中です。
さらに地域の人々に知識を浸透、定着させるために、保健指導スタッフを育成し、地域の医療従事者とも提携して巡回指導を行います。
さらに専任の現地スタッフと巡回用の医療器具や医療費、車両を確保し、継続して村々を巡回する移動クニックを開設するとともに巡回地域の拡大を進めます。
このような写真をイメージで入れては?
[栄養改善クニック]
主に、栄養不足のこどもの栄養補給と治療を目的とし、母親には基本的な衛生・栄養の知識を提供して生活基盤の改善を進めます。
[菜園]
人々の生活改善を目的にしたお米だけではない、種種の野菜を含めた複合型の作物栽培モデル菜園を作ります。農村部の人々に不足しているのは主に蛋白質とビタミンです。
クリニックでの栄養指導に対応して自給作物の栽培を指導し、さらに農業指導員を育成して栽培技術の普及と定着を進めます。また栄養の大切さについても一緒に学びます。
必要な種や肥料、農具の支給体制も作り、将来は商品作物の栽培指導も行い、収入源の一つになるようなシステムを整えます。